口唇ヘルペス うつる確率

口唇ヘルペスがうつる確率と治療法

スポンサーリンク

ここでは口唇ヘルペスがうつる確率について解説していきます。
気になるところですよね。

 

口唇ヘルペスはヘルペスウイルスに感染することで発症する感染症です。

 

ヘルペスウイルスには水ぼうそうや帯状疱疹を発症する水痘・帯状ウイルスと
口唇ヘルペスを発症する単純ウイルスの2種類があります。

 

口唇ヘルペスは空気感染でうつることはなく
患部に触れることで感染します。

 

患部に直接触れなくても患部に触れた人の手を媒介して
感染することがありますし、唾液の飛沫によって感染することもあります。

 

ちなみに自分もビジネスホテルに泊まった時にうつされたみたいで
その時は多分布団が原因だったのでは?
と思っています。

 

単純ウイルスの感染力は強いとされていますが
ある製薬会社が行った調査ではうつる確率は約10%という結果が出ています。

 

約10%という数字はうつる確率が低いと思いがちですが
日本人の約90%がヘルペスウイルスの抗体を持っているとされています。


スポンサーリンク


口唇ヘルペスは患部を清潔にしていれば通常は1〜2週間程度で自然に治ります。

 

しかし、症状が長引いたり重症化した場合は
跡が残ってしまうことがあるので
早めに皮膚科で治療を受けることが大切です。

 

早めに治療を受ければ症状が軽く済むので回復が早いですし
周囲の人にうつす確率を低くすることが可能です。

 

治療は抗ウイルス薬による薬物療法が基本ですが
抗ウイルス薬は症状によって外用薬・内服薬・点滴が使い分けられます。

 

症状が軽い場合は外用薬だけを処方されることがありますが
基本的には内服薬も併用します。

 

初感染で重症化している場合などは点滴が行われます。

 

単純ウイルスに一度感染すると症状が収まってもウイルスが死滅することはありません。
そのため、体力が落ちて免疫力が弱まっている時は再発しやすくなるので注意が必要です。


スポンサーリンク