口唇ヘルペス 痛くない

痛くない場合が多い口唇ヘルペス

スポンサーリンク

口唇ヘルペスが痛くないのかどうかについて解説していきます。

 

口唇ヘルペスとは、ヘルペスウイルスにより感染する病気です。
一度この病気を発症するとウイルスが体内に潜伏して
繰り返し再発するという特徴があります。

 

体力や免疫力が低下しているときに再発しやすくなります。

 

症状は、唇に水泡ができる、熱を持つ、むず痒さや痛みを感じるなどです。

 

症状の出方には個人差があり、痛くないと感じる人もたくさんいます。
痛みというよりは不快なむず痒さが主な症状となります。

 

最初は唇の違和感から始まり水泡ができてそれがかさぶたとなり
2週間程度で自然治癒しますが、治療することにより治りを早くすることが可能です。

 

唇に違和感を感じたらすぐに病院へ行きましょう。
他の病気にもいえることですが、ひどくなるまえに薬などを処方してもらって
直してしまうのが一番いいです。


スポンサーリンク


病院での治療は、抗ヘルペスウイルス薬の投薬です。
内服薬と患部に塗る軟膏が処方されます。

 

むず痒さが主な症状ですので痛くない場合が多いのですが
痛みをともなう場合は痛み止めも一緒に処方されます。

 

口唇ヘルペスは感染力が強いので周りの人にうつさないように注意しなければなりません。

 

口唇ヘルペスの患者とのタオルや食器などのシェアは
感染のリスクを高めてしまいますので避ける必要があります。

 

患部を清潔に保ち衛生面には気をつけましょう。

 

さらに、再発を防ぐために食生活や生活習慣を見直すことも大切です。

 

バランスのとれた食事や適度な運動や良質な睡眠など
健康的で規則正しい生活習慣を身につけてウイルスに負けない体づくりを心がけましょう。
やっぱりストレスが一番の引き金になったりしますので。


スポンサーリンク