口唇ヘルペス 口の中

口唇ヘルペスが口の中にできたら何を摂取すれば良いのか?

スポンサーリンク

ここでは口唇ヘルペが口の中にできてしまった場合どうすればいいか
対策を中心にお伝えします。

 

口唇ヘルペスは唇や口の中に水疱ができ、痛みを伴います。
口唇ヘルペスはウイルスが原因ですが、どこにでもできてしまうのです。

 

口の中にできるヘルペスは特に痛みも強く、食欲が落ちてしまいます。

 

口唇ヘルペスの時に気を付けるべき食材や
積極的に摂取したい食材にはどんなものがあるのでしょうか。

 

口唇ヘルペスの時には
アルギニン酸が含まれているものは控えた方が良いと言われています。

 

アルギニン酸がヘルペスの発症や促進、成長を促すというデータがあるのです。

 

そのため、アルギニン酸を多く含んだピーナッツやチョコレート
カフェインを含んだコーヒーの摂取は控えるようにしましょう。

 

でも、アルギニン酸は体内で必要なアミノ酸のため、完全にカットすることは出来ません。


スポンサーリンク


アルギニン酸を控えることにプラスして考えたいのが、リジンの摂取です。
リジンはそばや肉、魚に多く含まれています。

 

副作用は全くありませんので、そばアレルギーなどがない方は普段から積極的に摂取することで
口唇ヘルペスの予防にも繋がります。

 

また多くのリジンを摂取できないという人は
サプリメントで手軽にしっかりと摂取することも可能です。

 

痛みがあるときには食欲も落ちてしまいますが
食べなければ体力も続かないし仕事や学校での生活も難しくなるでしょう。

 

口の中を刺激せずに口唇ヘルペスの改善や予防効果のある食品を積極的に摂取するようにしたいものです。


スポンサーリンク