口唇ヘルペス だるい

体がだるい時も口唇ヘルペスに注意

スポンサーリンク

口唇ヘルペスで身体がだるい時の対処、考え方についてお伝えしています。

 

口唇ヘルペスは唇に小さい水ぶくれがプツプツとできる症状で、ヘルペスウィルスが原因で発症します。
唇の水ぶくれは痛みやかゆみなどの違和感を伴います。

 

また、発熱や頭痛、体がだるいなどの全身症状を伴い重症化することがあります。
このだるさは口唇ヘルペスの前兆だったりもするので見逃さないようにするのが大切です。

 

ヘルペスウィルスは非常に感染しやすく
患部を触れたり感染者と同じ食器を使うだけでも感染します。

 

子どもの頃から感染しウィルスが潜伏していることが多いですが
通常の健康な状態では抵抗力があるため発症しません。

 

疲れやストレス、風邪など免疫力が弱った時に発症します。
発症した場合、感染力が強いので周囲の人にうつさないように注意しなければなりません。


スポンサーリンク


口唇ヘルペスの治療は、薬物療法でウィルスの増殖を抑える方法をとります。

 

また、水疱の患部は清潔に保つことで1週間〜2週間で治まります。

 

しかし、症状は治まっても完治することは不可能と言われています。

 

一度感染するとウィルスは神経細胞に潜伏しており
これを根絶する薬は存在しないのが現状です。

 

ウィルスが潜伏している状態ですので、ウィルスへの抵抗力が弱くなると再発します。

 

再発を繰り返している人は前兆がわかる人が多く
唇がピリピリしたり小さなポツポツなどの違和感を感じるようです。

 

前兆を感じ取ったら、患部を清潔に保ち免疫力を高めるなど対応を取ることで早く回復します。

 

また、急に眠くなったり体がだるい症状が続く場合も
ヘルペスウィルスが原因の場合がありますので、注意が必要です。


スポンサーリンク