口唇ヘルペス 痛み止め

口唇ヘルペスのつらい痛みには痛み止めで治しましょう

スポンサーリンク

口唇ヘルペスの痛み止めについて解説していきます。

 

口唇ヘルペスは、唇の周辺に出来るヘルペスでありデリケートな部分であるために
つらい痛みに悩まされるものです。

 

この原因は、単純ヘルペスウィルスですが
これを体内に持っている人が体調不良や疲労が続くと起きてしまいます。

 

自然に治ってしまう人もいますが、繰り返し口唇ヘルペスになってしまうと重症化してしまうこともあるので
治った後にも傷痕が残ってしまうこともあります。

 

そのためにも、病院を受診することをお勧めします。

 

また、病院へは行く時間がないという方の場合には
痛み止めを使って出来るだけ早い段階で治すようにしましょう。


スポンサーリンク


市販されている口唇ヘルペスの痛み止めは軟膏ですが、早い段階から塗布をしていると治りも早くなります。

 

つらい痛みが続くと食事もままならないことがあったり
会話をするにも抵抗があったり、痛みに意識が行ってしまうので
仕事や家事などにも集中できづらくなることもあります。

 

こうしたストレスがさらにヘルペスを悪化させてしまうこともあるのです。
まさに負のスパイラルですね(汗)

 

そのためにも、口唇ヘルペスが出来たら痛み止めの軟膏を塗るのが第一です。

 

痛みがあるとつい口元を触ったりしてしまうものですが
ウィルス性なので他へ感染してしまう可能性もあるので、細心の注意を払うようにしましょう。

 

清潔に保ち、タオルなどを他の人と共有しないようにする必要もあります。
出来るだけ口唇ヘルペスを早く治すには、痛み止めを適度に用いることをお勧めします。


スポンサーリンク