口唇ヘルペス 日焼け

日焼けは口唇ヘルペスと関係あり

スポンサーリンク

ここでは口唇ヘルペスと日焼けの関係についてお伝えします。

 

口唇ヘルペスは唇にできる水泡状のできものですが
体の倦怠感があったり、そのものがかゆみを伴ったり、酷いと発熱したり痛みがあったりするものです。

 

ウイルス性のものなので、人にもうつります。

 

また、治ったと思われても体の中に残っていて体力が消耗したり

 

ひどく疲れがたまっていたり、日焼けしたりすると、また口唇ヘルペスがあらわれます。

 

日焼けで出てくるものなのかとも思いますが
長時間紫外線にさらされることで皮膚がダメージを受けているのです。

 

唇は皮膚がうすく、デリケートな場所なのとメラニン色素も少ないので
納得できることと思います。

 

夏に海などに行く習慣がある人は特に注意しましょうね。


スポンサーリンク


口唇ヘルペスは単純ヘルペスウイルスによって引き起こされますが
すべての人が感染してるから症状がでるわけではないようです。

 

ですが、今まで発症していなくてもどこかでウイルスに感染しているかもしれないので、予防をすることが大事です。

 

また、非常に感染力が強いので、発症時は抵抗力の弱い人
または弱くなっている人にはできるだけ接触しないことが大切です。

 

重症化する場合があるので気をつけたいですね。

 

口唇ヘルペスは発症しても自然に治りますが、薬を飲めば症状を軽くすることができます。

 

早め早めの対策が何よりの対処法になります。
このウイルスは感染すると一生つきあっていかなければならないものなので
何が原因で発症するのか知っておくことが大切です。


スポンサーリンク