口唇ヘルペス 血

口唇ヘルペスは出血を伴う

スポンサーリンク

口唇ヘルペスとは、ヘルペスウイルスに感染することで、唇に水ぶくれができるという病気です。
このヘルペスウイルスは、とても強力なので、人から人へと簡単に感染してしまいます。
感染している人に接触した場合はもちろん、感染している人が使用した物に触れただけでも、感染することもあります。
たとえば手でコップやタオルなどに触れ、その手で食事をとることで、感染してしまうケースもあるのです。

 

これだけ感染力が強いので、ほとんどの人は子供のうちに、幼稚園などでの集団生活で感染することになります。
そして多くの場合は、1週間ほどで水ぶくれが破れ、患部が乾燥していくことで治っていきます。
出血や腫れを伴うこともありますが、それらも徐々に改善されていきます。
抗ウイルス薬によりヘルペスウイルスの増殖を抑えることも、有効とされています。


スポンサーリンク


しかしヘルペスウイルスの怖いところは、感染して症状がおさまった後でも、再び症状が出てくる可能性があることです。
ヘルペスウイルスは、一度感染すると体内に残り続けるのです。
口唇ヘルペスの場合は、顔の三叉神経というところにヘルペスウイルスが潜みます。
普段は特に体に悪影響をもたらしませんが、風邪をひいたりして免疫力が下がると、増殖し始めます。
すると唇の周辺には、再び水ぶくれができるようになるのです。
それと同時に、やはり出血したり腫れたりすることもあります。

 

このように口唇ヘルペスは、再発しやすい病気なのです。
再発を防ぐためには、免疫力の高い状態を維持することが肝心とされています。
生活習慣や衛生管理に気をつけて健康状態を保てば、ヘルペスウイルスの増殖は防がれます。


スポンサーリンク