口唇ヘルペス 汁

口唇ヘルペスから出る汁には大量のウイルスが

スポンサーリンク

口唇ヘルペスはヘルペスウイルスによる感染症で、唇やその周辺に水ぶくれができて非常に痛みます。
大人になってからの初感染と、子どものころにヘルペスウイルスに感染し、三叉神経に住み着いたウイルスが体調が悪くなると暴れだす再発のパターンがあります。
一般に初感染の場合の方が症状が重くなりやすいと言われています。

 

口唇ヘルペスは、唇がピリピリする、ほてるなどの違和感からはじまり、一部が赤くなってからやがて水ぶくれが形成されます。
1週間から2週間でかさぶたとなり治癒します。

 

この一連の経過の中で、水ぶくれができている時期は非常に感染力が強く、注意が必要です。
口唇ヘルペスの水ぶくれが破れると、中から黄色っぽい汁が出てきます。
この汁の中にも大量のウイルスが存在しているのです。


スポンサーリンク


もしも、水ぶくれが破れて出てきた汁に手で触ってしまったら、すぐに手を洗ってください。
また無意識に水ぶくれ部分に手をやってしまうこともありますから、ヘルペスができている間はいつもより意識して手を洗いましょう。

 

その他にも、家族間でタオルやコップ、食器を共有することによっても、感染の可能性があります。
ヘルペスウイルスは、「愛のウイルス」とも呼ばれ、親子、夫婦、恋人同士など親密な関係の間で感染しやすい傾向があります。
水ぶくれやその周りだけでなく、唾液にもウイルスが含まれます。
キスやオーラルセックスによっても感染しますので、治癒するまでは避けてください。
また、パートナーが今までヘルペスウイルスに感染したことがない場合、初感染となり重症化しやすいため注意が必要です。


スポンサーリンク