口唇ヘルペス ワセリン

口唇ヘルペスにワセリンの使用を控えよう

スポンサーリンク

ここでは口唇ヘルペスとワセリンについて解説をしています。

 

「ヘルペス」は一度掛かってしまうと、完治は難しい病気であると言われています。

 

健康な状態であれば、症状があらわれることはありませんが
疲れやストレスが溜まっている時や体調が優れないなどの時には、症状があらわれます。

 

唇や口の周りに症状があらわれている場合を「口唇ヘルペス」と言います。
口の周りでないヘルペスももちろんあるのです。

 

口唇ヘルペスの主な症状としては、口の周りの水ぶくれや痒み、違和感などがあります。

 

症状が治まるまでの期間は、1週間から1ヶ月以上と幅があります。
症状があらわれた場合には、早めに治療を開始するということが最も大切なことです。
専門の皮膚科が近くにあるのであれば、早めにいきましょう。

 

わたしは放っておいたらひどくなってしまった経験があります。
マスクしないと人前に出れませんでしたね(汗)


スポンサーリンク


口唇ヘルペスを早く直すためのポイントとしては、専用の薬を使用するということです。
薬を患部に付ける際には、手と患部を洗い、清潔な状態にしておくようにしましょう。

 

なお、唇の乾燥が気になるという場合には
薬用リップクリームを使用して唇を乾燥から守るようにしましょう。

 

リップクリームの代わりにワセリンを使用しているという場合には
ヘルペスが治るまではワセリンの使用は控えた方が良いと言えます。

 

また、水ぶくれが出来ているという場合には
リップクリームの使用も控え、専用の薬のみを使用するようにします。

 

水ぶくれが破れてしまったという場合には、患部を清潔にし薬を塗るということを徹底するようにしましょう。


スポンサーリンク